電源の確保はこれで安心!モバイルバッテリー【cheero Power Plus 2】

[`evernote` not found]
LINEで送る

DSC_1462_he

電源の確保。
みなさんは、どうされていますか?

私は、休日であってもカフェにいたり、外にいることが多いので電源の確保が重要です。
最近はカフェでも電源を貸して頂けるところがありますね(貸すといっても貰ってるんですが)。

しかし、そんな電源付きの席はすでに使われていることが多い。。。涙
コーヒーよりも、まずは、「電源」なのですw

また、ちょっとした旅行先、出先で写真をバシャバシャ撮って、SNSにグリグリ投稿していたらスマホの電源がなくなってしまったり、翌日に充電しようと思ってセットしていたけど、元電源がoffで充電されていなかったり。。。

そんなとき、重宝するのがモバイルバッテリーです!!

今回はモバイルバッテリー「cheero Power Plus 2」をご紹介します!

 

「cheero Power Plus 2」とは?

”大容量のモバイルバッテリー”です!
Amazonで評価が高く、コメントも2000件弱あります(2014/8時点)。
スマートフォン、タブレット、ルーターなどのデバイスを充電できます。

▼商品パッケージです
cheero_2

cheero_3

▼パッケージ内容です
cheero_4

 

「cheero Power Plus 2」の使い方

デバイスへの充電方法も簡単で、USBケーブルでつなぐだけです。
目安としては、スマホ、iphoneでは約5回分の充電ができるようです(公式サイトより)。本体は、10400mAhの大容量です。
電池残量はブルーのLEDランプ3本で確認できます。しかし、正直、3つだけでなく5つぐらいは欲しかった。。残り残量が分かりにくい。。説明書には、残り1本時は残量がわずかなので、充電が必要と書かれています。

▼電池残量ランプ(3つのLEDランプ)
 見えにくいですが、LEDランプの横(本体側面)に、電源ボタンがあります
cheero_6

バッテリー本体の充電時間は、約10〜12時間です(1A USBアダプタ使用の場合)。付属のケーブルを使用するか、コンセントにつないで充電(別途コネクタ用意)です。充電時間は状況によります。内蔵されているのは、リチウム・イオンバッテリー。

本体重量は、290g。持ち運びには少し重く感じるかもしれませんが、常に様々な端末を持参して行動する人なら、重さより充電容量が勝り、常に持ち運んでしまうと思います。

本体には「USB 1A出力口」「USB 2.1A出力口」の2つのUSBポート(充電口)が備わっています。つまり、2台同時に、デバイスを充電することが出来ます。2.1Aの出力口では、ipadなど(2A充電対応機種)が高速充電できます!

▼2つの充電口と本体の充電口、LEDランプ(ランプについては後述)
cheero_10

▼ちなみに裏面です
cheero_11

 

「cheero Power Plus 2」のおまけ機能!?

モバイルバッテリーとして、とても優れている「cheero Power Plus 2」ですが、おまけの機能?として、電池残量ランプとは別に、暗い場所を照らしてくれるLEDランプが付いています!

▼充電用USBポートと並列して、LEDランプが!
cheero_7

▼LEDランプは明るく、暗いところを照らしてくれます!
cheero_8

ランプが付いていると、災害時やキャンプ等、暗闇での作業のとき、ランプとして使用出来そうです!個人的にも気に入っています。

また、付属で付いてくるバッテリーの布ケースも良い感じです。
▼付属品のケースに入ったバッテリー
cheero_9

 

まとめ

今回はモバイルバッテリー「cheero Power Plus 2」を紹介しました。
これでどこに行っても電源の確保ができますね。ただし、ノートパソコンは充電できません。充電の出力が足らないためです。ノートパソコンの充電には、パソコン用のモバイルバッテリーが必要です。

  • 「cheero Power Plus 2」とは?
  • 「cheero Power Plus 2」の使い方
  • 「cheero Power Plus 2」のおまけ機能!?
[`evernote` not found]
LINEで送る

あわせて読みたい