【悲報】iPhone6、ドット落ち・ドット欠け。。初期不良。。Apple Storeへ急げ〜!

[`evernote` not found]
LINEで送る

iphone6 ドット落ち

気がついたときは、「えー、嘘でしょー。。」とはっきり声に出しましたw

9月19日にiPhone6 128GB GOLDを手に入れたのですが、翌日の20日に気がつきました。

タイトルにもあるように、「ディスプレイのドット落ち(欠け)」を購入したばかりのiPhone6で、見つけてしまったのです。。

▼iPhone6のドット落ち。小さいですが、見えますか?肉眼では、はっきり確認できました。
iphone6 ドット落ち

 

ショックですね笑

今まで購入してきたあらゆるデバイスで、初期からドット落ちしていたのは無かったので今回初めての経験ですw 初体験。

ただ、仕方が無い。。だって、自分から製品は選べませんからね。特にsimフリーなどは、家に持ち帰ってから開封の儀を行うと思います。こればかりは運ですね。

た・だ、Appleの製品は、あきらかな初期不良品であれば交換してもらえる場合があります(ほぼ交換です)^^

 

● iPhone の製品保証期間は?
iPhone の Apple 製品保証期間は 1 年です。製品を最初にお買い上げいただいた日 (「購入日」) から 1 年間、保証規定にそった修理サービスを無償で提供いたします。

 

上記は、Appleサイトの「修理サービス Q&A センター – iPhone」に記載されている文章を引用したものです。(「」内の文で検索して頂ければ、該当ページが閲覧できます。)

つまり、1年間以内であれば製品保証して頂けるということです。

よく、Apple製品を購入すると店員さんに「Apple Careは?」と聞かれますが、あれは1年間の保証に+αで、保証期間が長くなるというサービスです。具体的には、ハードウェアサポート(製品の修理・交換など)期間が2年間に延長され、ソフトウェアサポート(アプリや操作に関しての解決)も90日間が2年間に延長されるというものです。(ただし、iPhoneの場合。製品によっては保証期間が異なるものもあります)

私はAppleCareには加入していませんが、ドット落ちを発見したのは、購入から2日後なのでw、保証を受けれます!

しかし、どのように行動・対応したら良いか、分からなかったので、とりあえず再度購入したヨドバシAkibaのドコモへ、突撃しました!

ここからは、一連の動きをご紹介。

 

9月19日:iPhone6ゲット!(浮かれる)

入荷のメールが18日にドコモから届く。しかし、メール内容の「ご来店予定日」というのが、20日と記載されていたが、入荷しましたメールがきているから、19日でも受け取れるのでは?と勝手に思い、19日にヨドバシAkibaに突撃し、恐る恐るドコモの店員さんに聞いたら「少々、お待ちください」のあと「こちらへ、どうぞ」と誘導されて、iPhone6 128GB GOLDをゲット。

受け取ったのが遅い時間だったため、その日はiPhone6を触らず、就寝。

● iPhone6のファーストインプレッションはこちら!簡単にですが、まとめています!

  • 【余談】:ヨドバシAkibaのドコモでは、毎日予約分の500台前後が入荷されるらしいです。auのほうが入荷台数が多いとか。ちなみに、隣のカウンターで受け取り契約をしていたのは中国人でした。AppleStoreでは、かなり問題があったようで。。。マナー、守って。。ちなみに、危うく一番高い料金プランで通されるところでしたw ゴタゴタしてたので、店員さんも危なっかしくw、契約事項はしっかり自分でも1つ1つ確認してください。(9月19日時点のお話)

 

9月20日:あれ、なんだこれ。。。(激へこみ)

iPhone6で、ある程度の設定を完了し、カメラを軌道して操作していたとき、とても小さな黒点をディスプレイ上に発見。

ゴミだと思い指で払ったが、とれない。画面をスクロールしても、その黒点は動かない。

正直、完璧に貼った保護フィルムを剥がしたくなかったけど、黒点の正体を突き止めるため、保護フィルムをめくり黒点を触ったが、やっぱり取れない。。。

ドット落ち、決定。

激へこみ。笑

即、初期のドット落ちの場合、どうしたら良いのかググり、Apple Storeの「Genius Barで対応してくれることが分かり、即、Apple Store渋谷に予約。

 

▼予約完了
Genius bar

 

ただ、本当にApple Storeで良いのか分からず(いや、それが正しいw)、一応、購入した場所のヨドバシAkibaのドコモに持っていって聞いてみることにした。

  • 【余談】:Apple Storeの「Genius Bar」とは、Apple製品の修理・交換・その他デバイスにおける問題をその場(Apple Store)で解決してくれるサポートです。事前予約が必要です。後になって知りましたが、Genius Barってなかなか予約ができないんですね。私が予約できたのは、本当に運が良かったんだと思いますw 予約の場合はwebからできます。おすすめなのは、24時過ぎに予約サイトを訪れてみてください。数日後の予約枠が新たに設置されて、予約出来るようになります!ただ、早くても一週間弱、先と考えたほうが良いです。

 

▼Genius Barは、いつもこんな画面です
Genius bar

 

9月21日:ヨドバシAkibaに再突撃!(どうしたらええの?)

9月21日は日曜日。新iPhone発表から、まだ2日しか足っておらず、休日のため、激混み。

なんとか外に出ているドコモの店員さんを捕まえ、説明を開始。だが。。、まったく聞いていないw 適当な相づち。。他の業務を同時進行で行っているせいで、私の話は上の空状態。。w 

早々とその店員さんからは離れて、Apple製品を販売しているブースのApple販売員に聞くことに。女性の方が対応してくださり、丁寧に「この場合は、Apple Storeに行けば、交換できます!」と伝えられ、安堵。さっきのテンパリ店員さん(あ、失礼w)とは違い、天使かと思ったw 

 

Apple StoreのGenius Barにて

いろいろありましたが、、Genius Barに行き、これ交換できなかったらどうしようと思いつつ、症状を見せると、「はい、これは交換になりますね」と言われました^^ また、黒点の位置がディスプレイの中央であったため、即交換となったのかもしれません。(例外もあるかと思います。あくまで私の場合は交換となりました)

また、商品入荷とともに、交換用iPhone6も届いていたらしく、その場で新しいiPhone6に交換することができました!
(※ 修理や交換で持ち込む際には、必ずバックアップをとることをお忘れなく。その場ですべて削除されます。)

 

良かったと思ったけど、ちょっと待てーい!!

自分の手元にきた、はやくも2台目iPhone6。
まさか、ほんの数分で、また離れてしまうとは思いませんでした。だれも思いませんよね。

おいーーー、また、ドット落ちてるやないかーーーい!!!!

交換できたiPhone6にも、ドット落ちがあったんです!w

偶然の偶然。いや、もしかしたら、偶然ではなく、むしろドット落ちが多いのかもしれない。。。と思ってしまう確率の高さ。
単純に、自分に運がないだけだと思いますが。。。

Appleの方と、一緒に

「えーーー!!!!」

ってハモってしまいましたw

写真は撮れなかったですが、また肉眼で確認できる黒点でした。今度は中央ではなく、ディスプレイの右端のほうにありました。

まー、面白いことは起きるんですね。すぐに3台目のiPhone6が運ばれてきて、無事に手続きが終わったわけです。3台目は「これでもか」というほど、画面を舐め回して確認しまくりましたw

 

あなたの新iPhone、大丈夫??

初期生産分なので、初期不良・不具合の確率は高いと思います。なので、初回生産でiPhone6または6 Plusを購入された方は、今一度、ディスプレイを良く確認してみてください!
何も不具合が無いことを祈りますw

今回私は、ドコモで契約したため、iPhoneの設定時にキズがないか確認する行為をしていますが、ちゃんと確認しておけば良かったと思います。ドット落ちに関しては、画面の明るさをMAXにして確認してみてくだい。

あー、大変だった。

(追加2014/10/4)

  • 交換の際は、本体以外の付属品や箱は持参の必要はないです。本体のみの交換になります。交換した本体のみ渡されます。
  • 保護フィルムをすでに貼られている場合は、当然剥がされますが、持ち帰ることもでき、ツルツルした光沢紙に貼ってもらえます。ただし、ホコリは付きますw その場で張り替えも出来るのではないでしょうか。

安堵したのもつかの間。

【またまた悲報?】iPhone6を振ると中から、金属音がカチャカチャなっとるやないかーーー!!! ハイパー嘘でしょーやめてよ。もう。。。

● 記事はこちら→【悲報?】iPhone6、振るとカチャカチャ金属音の音がなる!?また、初期不良?


[`evernote` not found]
LINEで送る

あわせて読みたい